猫のゆりかご

東京から帯広へ...猫の幸せのために生きたいと 大きな夢を持って頑張ってます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これからの事 


 わたし、tamakoは猫好きな両親のもとに育ち
幼いころからわが家に猫がいなかった記憶がありません。
いるのが普通でいないのは考えられない、そんな人生でした。
ちなみにわたしの将来の夢は 動物園の飼育係 でした(笑

親元を離れても気が付くと近所の猫を捕まえては避妊だ去勢だと病院に走り
子猫や怪我の子を保護したり 昔からそんな暮らし方をしてきました。

もう10年ほど前、遠く離れたところに住んでいた60代後半の知人独身男性が
猫を貰い受けて可愛がって育てていました。
急にその男性と連絡がつかなくなりおかしいと感じたわたしは
主人と相談し、地元警察に連絡しました。

結果、彼は布団の中で亡くなっていました。
なんとか猫は無事でした。
彼が書いていた もしもノート に遺言されていた通り
彼の知人のもとに引き取られ今はしあわせに暮らしています。

そんなこととかが今までにたくさんあって自分の生き方を考えさせられ・・
わたしのやるべきことは 動物を助けること を通して
人も動物もしあわせになれるためのお手伝いがしてみたい。
動物のため、猫のため、できる活動することがわたしの使命??みたいに思ってしまいました(笑

どうせやるなら北の大地 北海道で。
そうして主人の実家であるこの雄大な土地 帯広に帰ってきました!

ここでわたしは必ず 猫シェルターやります!!
理想といわれそうですが、わたしには命の線引きはできません。
この子は助けてもこの子は無理 みたいな・・
そのためには規模の大きさは必須事項。

来年春にドイツのベルリンにある 動物の家 ティアハイムの見学に行ってみようと思っています。
5万坪の敷地内に多種多様な動物が保護されてるみたいです。
勉強のためにいってたくさん情報を仕入れてくるつもりです。

わたしも頑張って同じやるなら日本一の規模で、環境も
そして必ず恒久的な施設をと考えています。

すべてゼロからの出発ですが、なせば成る!!
すべては決心と行動からと自分を奮い立たせて一歩一歩前進します!

縁あってこのブログを読んでくださるみなさまに堂々と発表できるよう頑張ります。
温かい目で見てやってくださいませm(__)m

スポンサーサイト
[ 2014/08/07 09:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tamako

Author:tamako
北海道を離れ数十年、紆余曲折ありましたがずっと心に秘めていた”猫の保護をライフワークにしたい”の実現のためUターン。

同じやるなら日本一の大きなシェルター目指したいと、志はでっかく!!(笑
ガンバルぞ~~~(^^ゞ
よろしくお願いしま~す!

最新トラックバック
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。